自然を感じて暮そう

~社長の家づくり奮闘記~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「迫力の杉フローリング」

昨日ご契約頂きましたT様、本当に有難うございます。

お客様はお若く仲の良いご夫婦で中古マンションを買ってリフォームです。

当社の事は雑誌の広告を見て頂き、何社さんかと商談後に最終決定頂きました!



今回も自然素材をふんだんに使った大型リフォームですが

注目はこちらの杉の無垢フローリングです。


DSCF7650.jpg

DSCF7651.jpg


厚みは3センチあり大迫力(よく使われてるものは1.5センチ程度)

この中から一番左の国産杉を採用!(真ん中は中国産です)

これはサンプルですが、触った感じが本当に温かいです。(そしてとてもいい香り~)



マンションなので、遮音の問題等もあり施工には充分注意は必要ですが、

積極的にこうした素材を活用して

都心でありながら自然を感じられる空間創りのお手伝いを

させて頂ける事はとても嬉しいですね。



天井・壁は珪藻土使って仕上げていきますが

一部はご夫婦でDIYにチャレンジされる予定です。


どんな空間になるか今から本当に楽しみです!!





▼ランキングに参加中です▼

人気ブログランキングへ
↑クリックで投票をお願いいたします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑クリックで投票をお願いいたします。


ブログランキング リフォーム
↑クリックで投票をお願いいたします。





スポンサーサイト
[ 2010/11/28 17:14 ] 自然素材 | TB(0) | CM(0)

木のはなし②

昨日の続きです。


木を切る事が環境破壊か環境保護か、という話でした。

確かに海外では 違法伐採、乱開発が行われてる地域があり、大変な環境問題
のひとつですよね。(現在は減ったと聞いたことがありますがどれ位なのかは
分かりません)

いずれにしても、こうした無秩序な行為が環境に良いはずがないし
問題外だと思いますが、木を切ってきちんと植林をした場合はどうなのか?
ということですね。

木は二酸化炭素(CO2)を吸収して酸素(O2)を大気中に放出する大変重要な役割を
担ってる訳ですが、木も生き物なのでずっと同じ様にこした活動が出来る訳ではないのですね。
ですので十分に育って年をとった木が多い森はあまり、二酸化炭素(CO2)を吸収してくれませんが
森林は適切に伐採・利用・植林の循環をしていくことで若い木が多い森になり、
二酸化炭素(CO2)をたくさん吸収してくれるのですね。

更に日本は、森林の中に占める人工林の割合が50%近い国という問題があります。

戦後に、焼け野原のあと住宅復興などで大量の木が切られ、その後山を戻す為に
大急ぎで大量の植林が行われたそうです。その中でも成長の早い杉やヒノキが植えられ
現代の花粉症の原因になった事は有名な話ですね。(私もその一人)
しかし、まさか人口林が50%近いとはちょっとピンときませんでした・・・

こうした人口林は、日光を求めまっすぐに上に伸びる木の性質を生かし、木と木を競争
させる為に狭い面積にたくさん植えてます。しかしその間、木の成 長に合わせ、
隣り合った木が栄養をとりあわないように適度に間引き、伐採しないといけないのです。
(この時に切った木は間伐材として使われます)
これを怠り放置してると養分を取れなくなった木はやせ細り、害虫や病気に
おそわれ弱り、そして死んでしまうと以前聞きました。
昔とはいえ私たち日本人が植えた木なのですから、自分たちの国できちんと利用して
守っていくこと事は当たり前だと思うのですが・・・


結局 当時植えた木が住宅に使えるようになった頃には、日本の住宅の主流が鉄骨や
集成材に代わってしまったとは皮肉な感じです。

しかし、今からでも遅くはないと思います。
もう一度、木の良さを大事さを再認識して、適切な利用によって環境にも住む人にも
優しい木の家に拘っていきたいと思います。




追伸

小さい頃、将来何になりたいか?
と聞かれた 木こり って答えてた時期がありました。
なぜかは覚えてませんが・・・不思議です(苦笑)





▼ランキングに参加中です


↑↑クリックで投票をお願いいたします!↑↑

















[ 2009/10/29 00:10 ] 自然素材 | TB(0) | CM(1)

木のはなし  ①

先日、岡山県にある大きな製材メーカーの方が来社してくださいました。

色々お話を聞いてまた新たに分かった事もたくさんあり 本当に日々勉強だな・・と

思います。

木造住宅、とひと言で言っても、どこのどんな材木を使っているのか・・

大手ハウスメーカーから 地場工務店まで様々だと思います。

改めて分かった事は ハウスメーカーさんは殆どが輸入材だそうです。

(特にホワイトウッドと呼ばれる集成材)

そこで疑問に思うのがなぜ国産材を使わないのか・・・

まずは 何といってもコストなんですね。



でも日本って山が多い国なのにな・・と思って調べてみたら国土の面積に対して
森林の割合が67%で世界3位
だそうです。

そんな国がなぜ 輸入しないといけないのかと素朴な疑問が湧きますよね。

そこで 日本の家に使う材木の輸入材の割合はどうなのか?

こちらは何と約8割です。


67%の森林をし占めてる国の家が80%輸入材??

そして日本の山は荒れてるという現実。

何だかちょっと矛盾を感じますね。

せめて家の骨組みになる、土台や柱、梁などは、やはり日本で育った
日本の風土に一番合った木を使うのが一番。

そして日本の山を守る事でないでしょうか。

続きは明日・・


追伸

そういえば、木を切ると逆に山が荒れるのでは? 
という質問を受けた事があります。

私も全て分かってる訳ではありませんが
正しい計画伐採、育林のサイクルが山を守る話という事です。

続きは明日・・・






















[ 2009/10/26 23:32 ] 自然素材 | TB(0) | CM(0)

本物は時間が経ってから・・・

今日は リフォームのOB様から リピートでお見積りのご依頼を
頂き打ち合わせに二件回りました。

こうして また呼んで頂けれるのは、本当に嬉しいことですね。。

一件目のM様は、高輪にありますが(プリンスホテルの裏側)
この都会の真ん中にありながら、ここだけ異空間というか都会にいる感じが全然
しないのです。

たぶん建物が築39年も経過しているので、どこか懐かしい感じがするのと
窓から見えるお庭が広がっていて 高い建物も見えないからだと思います。

お客様の家で寛げませんが、何かほっとする空間です。

前回のリフォームでは白い壁(塗装)が黒ずんでいたので、ビニールクロスではなく
自然素材壁紙と自然塗料の組み合わせをご提案させて頂きました。

漆喰の様な仕上がりですが、ウッドチップが壁紙に入ってるせいか陰影も若干あり
優しい表情がある気がします。

これがとてもこの家に合って柔らかい良い雰囲気を醸し出してます。
お客様も気に入って下さり、今回は 二階もこの組み合わせてリフォームのご依頼
を頂きました。
我ながら、良い提案をしたな・・・(苦笑)。

この商品はヨーロッパでは広く使われてる
※オガファーザーとデュブロンというドイツのエコロジー商品。

http://www.ecobaustoffe.com/item/oga.html

http://www.ecobaustoffe.com/item/400.html



M様の家は ある建築家が設計されて様ですが、やはり各所に拘りを感じます。

まず当時としては珍しいと思いますが、RC造(鉄筋コンクリート造)です。

また内装も色々ありますが、この障子、一枚の幅が約一間(約1m80㎝)もあります。
見えてませんが障子も同様に一間もあります。

松崎様 

床の無垢板も、良いものを使っていたんだとは思いますが、本当にしっかりして
いい色を出してます。

本当の価値はこうして年月が経過してから分かりますね。

これからもリフォームしながら、大事に受け継がれていくお手伝いをさせて
頂きとても光栄です。


追伸

今日はオリオン座流星群が見れるそうですね。
先日、偶然に綺麗な流れ星を見ました。 かなり感動しましたが
それが流星群ですからそれはまたすごいんでしょうね・・



【オガファーザー】
新開発の再生紙にウッドチップをすきこんだ立体感のある、有害物質を一切発生させず、20年以上の耐久性を持つ壁紙(塗壁下地)
【デュブロン】
石膏ボードや紙壁紙など室内壁、天井に100%天然の水性天然塗料です。呼吸し、静電気を防ぐ、快適な室内環境をつくるだけでなく、何度も上から塗ることで手軽にメンテナンスができます。 しっくいのような上質な仕上がりになります。

[ 2009/10/22 21:38 ] 自然素材 | TB(0) | CM(1)

事例のご紹介(南青山の築39年のマンション)

今日はリフォームの施工事例をご紹介。

先日 南青山にある築39年という古いマンションのスケルトンリフォームを
行いました。

さすがに施工前はかなりの老朽化に、やや戸惑いながらも
遣り甲斐があるとちょっとわくわくしながらの工事着手。

そして完工してみたら、本当に素晴らしい住まいになりました。

今回はプロのカメラマンが撮ってくれたため、写真データが重たい
ようでうまくアップ出来ませんでした・・(汗)

よって 夢工房のホームページからご覧ください。

こちらより


実は事務所のチーク材はこちらで採用したのを見て とても気に入り
使うことにしたのでした。

壁のスイス漆喰も同じものです。

お客様も「家族みんな、毎日家に帰るのが楽しみになったと言ってます!」とその後の
感想も頂きました。

毎日過ごす場所は、帰りたい場所になれば本当に嬉しいですよね。


▼ランキングに参加中です

↑↑クリックで投票をお願いいたします!↑↑


[ 2009/10/20 09:41 ] 自然素材 | TB(0) | CM(0)

オープンイベントとショールーム

昨日はサラサホームの方のオープンイベント。

http://saraca.jp/fc/yokohama/event/bbs.cgi

前回のTOTOショールームと違い、自社ショールームの開催なので
セティングには少々時間もかけました。

ショールームといえば、これを機にリニューアルしてかなり雰囲気も良くなり
またスペースもそれなりに広がりなかなかの空間になりました。
(事務スペースは狭くなりましたが・・(苦笑))

DSC05530_convert_20091018104250_20091018112240.jpg


今回は壁はスイス漆喰(天井も)と珪藻土で仕上げ、床は
広がった部分はチェリーとチークの無垢フローリング。



なかなか贅沢な組み合わせですが、お客さまにぜひ実際に見て
触れて頂きたいですね。

そしてなんといっても広がった事で、外の景観が大きく見えることが
個人的にはお気に入り。

DSC_0017_convert_20091018112107.jpg


外の緑(自然)とショールームの自然素材のコラボレーションが
とても気持ちいいのです。

それと漆喰の壁はプロジェクターを直接映してみたら、ものすごい
綺麗に見えるんですね。 これも期待以上の効果。

こんな感じで狭いならにも寛げる空間になりました。

是非是非 お気軽にお立ち寄りください!



DSC05529_convert_20091018105145.jpg

DSC05531_convert_20091018112041.jpg

DSC05524_convert_20091018104616_20091018113428.jpg

DSC05528_convert_20091018104902.jpg

DSC05527_convert_20091018104843_20091018105256.jpg

DSC05523_convert_20091018104512_20091018113422.jpg

DSC_0024_convert_20091018112148.jpg


▼ランキングに参加中です

↑↑クリックで投票をお願いいたします!↑↑







[ 2009/10/17 21:01 ] 自然素材 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。